ノスタルジー

自分のこころを見つめるブログです

夜行列車

小学2年生の時

Y県の母親の従姉妹が、東京の人と結婚するとのことで母親とおばあちゃんと、東京に行くことになりました

Y県のおばあちゃんの親戚は多く、どの人が結婚するのか
ちんぷんかんぷんでした

とにかく、ゆきこさんに会ったら「お祝いの言葉言うのよ」と言われて何回も練習させられました

ゆきこさんに会ったら、、、
「ゆきこさん、ご結婚おめでとうございます。お幸せになってください」

たった一言なのですが、何回も母親やおばあちゃんに練習させられたのでした

夜に夜行列車で出発して、東京(上野かもしれません)についたのは朝

夜の電車はすごく新鮮で、夜の夜景も朝日も思い出になりました

式場についてから

私もオレンジ色の着物を着せられて、式前だったので、控え室に行きました

兄弟親戚が多く、みんなY県の身内ばかり、、

ゆきこさん、と声がかかってる人がいた

あれ?生家のお姉さんのお母さん、、
結婚式するんだ、、、(式だけあげる?)
みんな、ゆきこさんって言ってるし、、、

みんなの真ん中にいた人に、ご挨拶、、、

「ゆきこおばさん
ご結婚おめでとうございます
幸せになってください(^-^)」

どどっと笑い声

おばあちゃんと母親は、パニックってしまい、私をトイレに連れていきました

「Pちゃん、どう見てもゆきこさんとちがうでしょ」

だって、みんなで、ゆきこって呼んでたもん


その人はY県の、わたしのはとこのお母さん、、
どう見ても花嫁さんには見えないのでした
名前はよきこ、、その時初めてわかりました

なんとか本物のゆきこさんに会った時は、小声で伝えたのでした

そのあと、東京タワーを見たり観光して帰ってきましたが、、

初めての東京なのに、挨拶する人を間違えたことと、夜行列車に乗ったのが思い出になりました

Y県名物 肉蕎麦セット

納豆餅が汁状になってて、スルスル食べれます
つい、ハマってるので載せてしまいました笑