ノスタルジー

自分のこころを見つめるブログです

収穫

Y県の本家では7月にもなるとスイカの出荷が始まって皆んな総出でお手伝いします

食べごろのスイカを見極めて採る人
それを、トラックに詰め込みして自宅に運んでくる人
計りで計測して、見た目とかで分ける人

そのスイカをタオルで拭く人

シール貼る人

ダンボール作ってその中にスイカ入れる人

それをまたトラックで運んで農協さんとかに持ち寄ります

私も小さくても、畑に連れてかれて、そろそろ出荷してもいいものを選んで、トラックの近くまで持って行かなきゃないのでした

しかし、、私は小さくて、スイカはデカすぎました

昔は大きいスイカが好まれたので、大きなビーチボールくらいの大きさだったりするのでした

トラックの側のカゴまで持って行くように言われて、重いながらも持って行くと、何故か耐えられなくなり、カゴの前で落としてしまうのです

2個ぐらい落として、割れてしまった時、本家のお姉さんに、落としたのは食べていいよ〜と言われました

暑いけど、、それ以上に甘いスイカが美味しい

役に立たないと思ったのか、食べごろのメロンを選んできてと言われました

ワザとじゃないんです
何故かカゴの前で落としてしまうのです

やったーメロンのが甘くて美味しい(^○^)

優しいお姉さんが、「それは、ダメだわ、、、」

昔はスイカよりもメロンの方が、ずっと高価だったので、ちょっと怒り気味

トウモロコシを見てきてね
と言われました

そういえば、生で食べても美味しいんだった、、、
と、余計な事を思い出したのでした

でも、出荷してもいいもの選ばなきゃ、、、

トウモロコシは抜くのにコツが必要なのでした

先端の毛みたいなものが、茶色になってたら、実を掴んで抜くのです

時期を過ぎると甘みがなくなるので、見極めが必要なのでした

名誉挽回とばかりに、がんばる私

山のように採ったのでした

お姉さんが、びっくり‼️

Pちゃん、アホーこんなに採ってどうするん、すぐ売らなきゃ、味なくなるんだよ〜

えっ?採った後も早く食べなきゃないの?
知らなかった、、、

ここでも役立たずだったPちゃんは、大人しくスイカ拭きをするのでした、、、


昔はこれよりもっともっと大きなスイカが売れてました


うちの猫はメロン大好きなこでした笑